柄が付いている服を取り入れよう

片方を柄物にするのがおすすめ

トップスとパンツがそれぞれ異なる柄物だと、変に見えてしまいます。
どちらかに柄物を使うなら、片方はシンプルな無地にしましょう。
するとスッキリ見えますし、柄が映えるのでオシャレに見えます。
おすすめの柄は、ドット柄です。
どの季節でも似合うので、年中無休で使用できます。
トップスとパンツの、どちらをメインにしたいのか事前に決めてから、服を組み合わせましょう。

両方見せたいと欲を出すと、組み合わせが滅茶苦茶になります。
トップスを白いブラウスにして、ドット柄のスカートを合わせると女性らしく見えるのでおすすめです。
白いブラウスは何にでも合いますし、どの季節でも活用できるので持っていて損はありません。
1着は持っておきましょう。

ワンピースのコーディネート

1枚着用するだけで良いので、ワンピースは楽にオシャレができます。
上下が繋がっているので、柄物も取り入れやすいでしょう。
派手すぎる柄で着用するのに抵抗を感じる場合は、カーディガンなどを羽織ってください。
無地のカーディガンやボレロを羽織ることで、柄が強調されなくなります。
カーディガンは、春や秋に活用するアイテムです。

半袖だと寒い時に、カーディガンを羽織ってください。
途中で暑くなれば、脱げば良いので気温に合わせて服装を変えましょう。
夏はフルーツや、ボタニカル柄が人気になります。
秋には、タータンチェックのワンピースが流行ります。
定番は赤のタータンチェックなので、トレンドを抑えたい人はぜひ購入しましょう。


シェアする

B!